Pages

日曜日, 2月 06, 2011

インド料理のミントソースを教えてもらった。スパイスを使って、食卓に一味。

簡単に作れるインド料理のスパイスソースを教えてもらった。。

ミントソース。

バーベキューなどに添えておくと、一味風味が加わり、場の雰囲気ももりあがるだろう。


【材料】
コリアンダ、ミント、玉ねぎ、レモン、青唐辛子、塩、しょうが、にんにく  

【調理とふるまい】
ミキサーで混ぜる。
器にもってスプーンを用意。
バーベキューの傍らに、各自、スプーンで必要なだけとっていってもらう。


【思うに】

分量はお好みで。特に唐辛子は得手不得手があると思う。

季節によっても好みはわかれるかもしれない。やっぱり、暑い国の料理かなあという気がする。



タンドリーチキンなど、つくれれば、さらにいいかもしれない。

日本で作る簡単なタンドリーチキンは、漬けだれにつけた鶏肉をオーブンやフライパンで焼くというもの。
漬けだれに特徴があり、ウコン、ヨーグルト、にんにく、しょうが、コリアンダー、カルダモン、レモン、チリ、塩などをあわせたもので、1日くらいつけるのが多いようだ。


タンドリーチキン、レシピ で検索するにはここをクリック

ミントソース レシピは ここをクリック。

インド料理の本をamazonで検索


とんかつ

テレビで報じていたあるとんかつ屋さんのとんかつのレシピ。

うーん。ラードを使うのかあ・・・。ちょっとこのブログの趣旨とは違うが、でも、おいしいものも大事なのでメモしておこう。



  1. とんかつの肉は、針がついたパンチで無数の穴をあけ、筋を切る。うまみを含む筋を切ることで甘みを引き出す。(肉は1.5-2cmくらいの厚さはありそう)
  2. パンはおいしい食パンのやわらかいところを数日寝かして、細かいパン粉に。
  3. 揚げ油は新しいものを、そしてラードを加える。
  4. とんかつは、小麦粉→溶き卵→パン粉の順。とくにふんわりとしたパン粉は十分にかぶるくらいに。
  5. 揚げ油に投入。最初は低温で徐々に高温に。あげた後、油を切る、その過程で仕上げの熱を加えている。
うーん、おいしそうだ。

かつどん。冷えたカツレツをおいしく食べる知恵。それが、カツをそばつゆで煮たもの。
  1. そばつゆと玉ねぎのスライスを煮立てる。
  2. カツを入れて強火で煮る。
  3. 溶き卵を流しいれる。
  4. どんぶりのごはんにかける。
というかんじ。

時には贅沢ごはんも・・・・。せっかくの贅沢ごはん、おいしくいただけるレシピも大事だろう。