Pages

金曜日, 2月 26, 2010

記事に学ぶ 「女性の更年期の悩み 増える内臓脂肪 メタボに注意(産経新聞) - Yahoo!ニュース」

ニュースで見かけたのだが、健康維持のために必要なエッセンスがはいっていると思うので紹介。



女性の更年期の悩み 増える内臓脂肪 メタボに注意(産経新聞) - Yahoo!ニュース


以下重要な部分の引用。



 太らないためには、食事の量・カロリーをコントロールするとともに、栄養成分を偏らないようにすること。食事全体のうち、タンパク質20%未満、脂肪20~25%未満、炭水化物50~70%未満のバランスであれば問題ない。また、肥満からくる糖尿病を防ぐために、血糖値を急激に上げないよう食事のとり方を工夫する必要がある。

 白沢教授は「食事のときはまず最初に野菜を食べ、ご飯やパンなど炭水化物は最後にするというように食べる順番も大事。また、やせたいからと食事を抜く人がいるが、欠食は逆に肥満の原因になる。健康長寿のためにも、1日3食、腹七分目を心がけてほしい」と話している。 
【白沢卓二教授が提唱する元気に生きるための食生活の基本ルール10カ条】

(1)食事を抜かない

(2)腹八分目でなく「腹七分目」

(3)ご飯やパンは食事の最後に

(4)朝食に「ネバネバ・メニュー」を

(5)薬の働きが期待できる野菜を

(6)魚はサケやサバ、イワシを中心に

(7)肉と魚は1日おきに

(8)油は高くても良質なものを

(9)乳製品を毎日とる

(10)香辛料やハーブを活用し減塩

(白沢教授著『50歳すぎたら絶対にやせなさい!』より抜粋)