Pages

月曜日, 8月 30, 2010

キャンプでも活躍! 簡単ゴージャスレシピ!

ことキャンプのように、たき火が身近にあると、塩気が効いて、パンチのあるものがいい!。

でも、実は生活習慣病の大敵。たまにはいいさ!、ついつい、開放気味の心の隙につけこんで、確実に体には「悪化」の悲鳴が蓄積される。


少しだけ気を使うなら、油はオリーブオイルにしてみるということだろうか?それで動物性の脂を食べないで済むくらい満足ならば得策だ。

でも、オリーブオイルは高価な油だ。


キャンプで、オリーブオイルをふんだんにつかったレシピをおしえてもらった。キャンプでも映える一品!。これで、動物性脂肪の食材を抑えられるような気もする。

そして、料理を運んだ後の受けがいい!。


以下聞きかじり。試したわけではない。


【材料と調理】

  1. えび、えりんぎ(えびは冷凍でもOK) を塩で軽くもんでしばらくおきペーパータオルで水気を拭く。
  2. オリーブオイルを小さめの鍋に1-2cm程度。後塩を大さじ1-3はいの感覚。
  3. 強火で熱し、仕込んだ材料を入れる。
  4. 火が通ったと思ったら、にんにくみじん切りをいれる。(辛いのが好きなら唐辛子も)。
  5. すぐに食卓へ。
  6. そのままお鍋感覚で食べる。


【ポイント】

  1. 材料の水切りを行う。
  2. 強火の高温で素揚げ。
  3. 基本的に素揚げは数十秒以内で高温なので、油も塩気も材料に味がしみ込むという料理ではない。そのため、塩気はたっぷりのほうが、おいしい。
  4. 揚げてる間に、水気は鍋の底にまわるらしい。
  5. 強火の高温で料理するので、にんにくにしろトウガラシにしろ風味がすぐにとんでしまう。だから、料理の最後にいれる。
  6. 冷めるとものすごくまずいので、鍋からおろしてすぐに頂く。
  7. 一種見世物的な演出があったほうがいいだろう。