Pages

火曜日, 5月 04, 2010

キャンプでダッチオーブン

キャンプにいって、ダッチオーブンの威力に驚かされた。
友達が料理してくれたのだが、おいしい。


全様を見ていたわけではないが、ネットで調べたレシピを参考にしながら、レシピを復元してみよう。


【つけ麺と鶏チャーシュー】 ダッチオーブン つけ麺 レシピ で検索するならここをクリック


---材料---
A 鶏もも肉500g
  煮干し(頭と内臓を取ったもの)10匹
  長ネギ(青い部分)適量
  ショウガ(つぶす)適量
水4カップ
  塩小さじ1
酒大さじ2

B 長ネギ(みじん切り)5cm
  ゴマ油大さじ2

C 醤油大さじ2
  コショウ適量


中華生麺4玉
茹で卵(半分に切る)2コ
白髪ネギ適量
すりゴマ適量
 
---調理---
ダッチオーブンにAを入れ、蓋をして加熱。(加熱25分 余熱20分)
Bを小鍋に入れ、長ネギがきつね色になるまで弱火にかけ、香味油を作る。
余熱時間が終了したら鶏もも肉を取り出し、スープを漉す。
鍋にスープを入れて温め、Cを加えて味をととのえ、器に盛り付ける。
鶏もも肉チャーシューになっているので、炭火で表面に焦げめをつけ、食べやすい大きさにきる。

茹でた中華麺、、鶏もも肉チャーシュー、茹で卵、白髪ネギを器に盛り付ける。好みで香味油、すりゴマを加える。

--お勧め度---
簡単でおいしい。
鶏もも肉を使って、チャーシューを作る際にでる油で、つけ麺のだしをとっている。
だから、料理の品数は同じ手間で倍できるわけだ。
上のレシピは、ネットで、鶏もも肉ではなく手羽中を使っていたものを参照した。たしかに、鶏ガラがはいるとさらにコクのあるおいしいものとなるだろう。ただし、一般的に骨付き肉はこのような料理をすると肉が極端にやわらかくぼろぼろ落ちる。この鶏もも肉の料理方法だと、肉は柔らかくなるが一定の形をとどめているので、鶏チャーシューというまとまった料理一品となるわけだ。



【ピザ】   ダッチオーブン ピザで検索するにはここをクリック



-----材料(2枚分)-----
(生地)         
イースト  小さじ1
ぬるま湯  カップ1
塩     小さじ1
砂糖    小さじ1
オリーブオイル  小さじ1
小麦粉   カップ3
(小麦粉は強力粉と薄力粉を混ぜるレシピが多い)

(ソース) 
トマトの水煮   半分
塩コショウ
オリーブオイル  大さじ1
(にんにくすりおろし、ワインなどを入れても良い))

(トッピング)
ピザ用チーズ   適量
パルメザンチーズ
トマトスライス
バジルの葉。

-----調理-----
*生地の作り方
1.ぬるま湯にイースト、砂糖、塩、オリーブオイルを入れて混ぜる。
(粉は振るったほうがいい。)
手から粉が離れればOK。強く打ち付けたりしない。

2.ボールにいれラップをして暖かいところで1時間ぐらい発酵。

3.生地を2等分して薄く伸ばす。この時、めんぼうをつかうと簡単。適当に小麦粉をふりながら。


*ソースの作り方
1.トマトの水煮を鍋にいれて火にかけ、オリーブオイルを混ぜ合わせ、塩コショウで味を調える。
  水気がとんだらできあがり。

*具
1.トマトスライスとバジル。バジルは葉そのままを飾りように数枚、そしてそれを手でちぎって小さくしたものをちらす。

---調理---
ダッチオーブンは、網をしいてしっかり空焚きしておく。(十分熱せられていることが重要)
クッキングシートにピザ生地をのせ、ソースを塗り、具をおいて、チーズでトッピング。
クッキングシートのコーナーはハサミで切り落として、ダッチオーブンに入れやすくする。
クッキングシートごとオーブンに入れる。この時持ち運び方に注意。クッキングシートの両サイドに人差し指をおいて、親指と中指でクッキングシートで人差し指を包み込むようにすると、全体がひし形になって中央がわずかにくぼみ、運びやすくなる。
オーブンに敷いたら、ふたをして、下においていた、墨のかなりの量(2/3から3/4)をふたの上におきかえる。
目安はチーズの少し焦げるにおいがしてきたらOK。


---バリエーションと注意----
トマトソースを塗った後ベーコンをしいて、中央に卵をおとしてチーズでトッピングすると、ビスマルクというピザになります。
火加減が重要。十分にダッチオーブンが温まっていること、中にピザをセットしてふたをしたら、上にかなりの炭を移すこと。