Pages

火曜日, 8月 11, 2009

なすの味噌煮

なすは料理方法によっていかようにでもなるのものだ。
これは本当に驚くばかりだ。
テレビでやっていたものを真似てみたらおいしい。

テレビでは、八丁みそなどというものをつかっているが、手元には、安値の家庭用味噌しかない。
でも、十分においしい。
生きていてよかったと思える。



【材料】
なす 3個
白ゴマ 大さじ3
みそ    (八丁みそがいいという 大さじ1+1/2)
だし カップ1+1/2
砂糖 大さじ1
みりん小さじ2
淡口醤油 小さじ2

【調理】
  • なすは縦に二つに割り、背に5mm幅の格子状に切り込みを入れる。切った腹の部分にも切り込みを2-3か所いれると味がしみ込みやすい。
  • なべにごま油とサラダ油を敷いて、両面を炒める。なすがしんなりするまで良く炒める。
  • だしをいれる。ダシ(カップ1+1/2)
  • 砂糖大さじ1、みりん小さじ2、淡口しょうゆ小さじ2 白ゴマ(粗くすりつぶしたもの)大さじ3
  • 落としぶたをして15-20分煮る
  • 煮汁でみそ(八丁味噌があればいい(大さじ1+1/2))を溶いて、鍋に入れる。
  • 鍋を斜めにして調味料を混ぜる。(箸で混ぜるとなすが崩れるので鍋を傾けてあわせる)
  • 10分くらい煮る。

【思うに】
なすと味噌の美味しさに左右されるわけだが、調理方法、調味料にも注目。
なすは油とのなじみがいいので、結構いい油を吸わせる方が得策。
ここではごま油を混ぜている。ごま油ばかりをつかうと味もしつこいし家計も圧迫するのでサラダ油も入れている。
ごまも結局油。
だしも力なり。
なすは体を冷やす食材。
夏のメニューと心得たい。