Pages

水曜日, 8月 18, 2010

ぶたみそ で 夏バテと熱中症をブッ飛ばせ  簡単レシピ

今年も猛暑。熱中症の話題があちこちで聞かれる。

今年は梅雨の時から、湿度が高く、ねっとりとした暑さ・・・・。夏になっても猛暑。
汗をかく・・。すると、服や下着が湿気をすって肌にくっつき、気持ち悪い。

食事も気をつけなければいけない。菌も増殖しやすい。ものもくさりやすい・・・・・。

そして食欲もイマイチ。十分な栄養をとれずに、体の抵抗力も弱る。


こんなときに、とてもいいレシピ。豚味噌。簡単にできる一品だ。味噌自体が発酵しているし、塩分が多いので比較的くさりにくい。

豚肉、ニラとも元気になる食材の代表格だ。塩分は通常時は控えたいが、暑い夏、汗を頻繁にかくなら、塩分は熱中症対策としてはいいらしい。


ここでは、脂肪は取り除いて、生活習慣病への対策としている。


【材料】

  1. ニラ ひと束3cm長さに切る。
  2. 豚肩ロース 薄切り肉 200g  赤身の間の脂肪は手でかなり取り去って、細切れに切る。
  3. 味噌 大さじ2
  4. 砂糖 大さじ1
  5. にんにく 1/2かけ みじん切り
  6. オリーブオイル(サラダ油でOK)


【料理】

  1. フライパンに油を熱し ニンニクみじん切りを煮る。
  2. 香りがでたら、豚肩ロースの細切れをあわせ炒める。
  3. 肉の赤味が半分くらいになるまで焼けたら、ニラの根の固い部分を入れて肉の赤味がほとんどなくなるまで炒める。
  4. ニラの葉の部分を入れて合わせ炒め、味噌と砂糖を投入。
  5. 良く混ぜて、ニラの葉がしんなりして、味噌と砂糖がよくいきわたるまで。


【バリエーションやこつ】

  1. ニラから水気がでて、それで、味噌と砂糖を溶かす。少ない場合、酒を入れる。
  2. 汁が残ると、傷みやすいし、おいしくない。
  3. ごま油で調理して最後ゴマをふるとまた別の風味となる。
  4. 最初炒める時に赤唐辛子の輪切りをいれると、風味、刺激味がつく。好みによって。
  5. 基本的にご飯のおかず。ミソが塩辛いので、ご飯を多く食べられる。結果的に栄養が補える。
  6. 汗を良くかく時期の食べ物と割り切り、塩分が少々多くても、問題にしない。
  7. 気になるなら、別に野菜を豊富にとってカリウムを補おう