Pages

日曜日, 9月 20, 2009

海の公園で採集したあさりのレシピ あさりのワイン蒸し

潮干狩りでにぎわうところは多い。

調子に乗って多くのあさりを手に入れても、そう沢山食べられるわけでもない。

しっかりとした大きさのものを、適度に採集するのが、環境にとっても自分のためにもいい。

でもそうやってある程度えりすぐるのならば、量も限られるので、大事に料理したいものだ。

横浜市海の公園で潮干狩りをしながらそんなことを考える。

採ったあさりを大事に料理する・・・・ではどうしたらいいのか?


友達も絶賛してくれたので、レシピを残そう。


【材料】
  • あさり 両手のひらいっぱい
  • 白ワイン カップ3/4(安物で十分だと思います)
  • にんにく1かけ にんにくみじん切り
  • オリーブオイル 大さじ1-2
  • こしょう 少々

【調理】
  • あさりは十分に砂抜きをする。
  • フライパンを火にかけてオリーブオイルを敷いて熱し、にんにくのみじん切りを入れて香りがでるまで炒める。
  • 砂抜きしたあさりを投入。
  • 白ワインを入れて、こしょうをふって、蓋をする。
  • あさりが口をあけるので、全部あいたらできあがり。
  • あさつきなどいれるのもいい。


【友達の反応と課題】
絶賛。
ただ砂抜きは十分じゃなかったようだ。
市販品を買ってくるとだいぶ砂抜きしてあるのだが、このように天然ものを扱うと結構難しい。
ネットで調べると概ね以下の通り。
海水と同じくらいの濃度(3~5%くらい)の塩水に3時間ほど、暗いところでつける。
(あさりを安心するために、暗い所に。あさりが水を吐き出すのが飛び出すので注意。周囲に新聞紙を敷くなどの対策を)
ザルにあけて殻をこするように洗って水を切る。

使わない分は冷蔵庫で保存。または冷凍

塩水の他に 釘を水の中にいれる方法もあるそうです。。

あさりは食べる1時間程前に水洗いして常温(暑い時は冷蔵庫へ)に置いて、適当にストレスをためさせる方が、おいしくなるという。