Pages

土曜日, 7月 24, 2010

あさりとわけぎのぬた

子供のころそんなに好きではなかったが、おとなになってから好きになった。

特に今年は酷暑だ。この季節、ちょっと酸味のある方が、食が進みやすい。


わけぎとあさりを安売りしていたので作ってみた。

いやーあ。おいしい。

わけぎは、ネギとタマネギ(エシャロット)の雑種として、独立した種として分類されるようだ。ねぎと比べて刺激臭や辛みが少なく、独特の香りと甘みがあり、β(ベータ)-カロチン、ビタミンCなどの栄養素を豊富に含んでいる

多分白みそのほうが合うのだろうが、手持ちの合わせ味噌で。また、練り辛子は納豆に添付されていたもの。



ワケギとあさりのぬたのレシピ

【材料】

  1. わけぎ 6~8本
  2. にんじん 1/4本 ピラーで千切りに
  3. あさり、 てのひら一杯
  4. 大さじ1-2
  5. 味噌 大さじ1
  6. 砂糖 大さじ1
  7. 練りからし 納豆に添付されている袋程度


【作り方】


  1. 葉と茎(根)を分け、それぞれ5cmくらいの長さに切る。
  2. にんじんは千切りに
  3. 小鍋に湯を沸騰させ、わけぎの茎の部分と人参の細切りを投入、一分ほどしたら葉を投入して、さらに1分ゆでる。
  4. ゆであがったら、ざるにあげて、水気を切って冷ます。 
  5. あさりをフライパンに入れて火にかけ、蓋をして空炒り。貝の蓋があいたら火を止めてさまし、身だけとりだす。
  6. ボールに酢と練り辛子と味噌を混ぜ合わせ、混ざったらさらに砂糖を加えて、よく混ぜ合わせる
  7. ゆでてさまして水気をよく切ったわけぎに、食べる直前に酢味噌とあさりを加え、よく和えて、器に盛り付けて、できあがり。

【バリエーション】

  1. 油揚げを入れてもいいだろう。
  2. ごまもいいかもしれない。
  3. あさりなしのシンプルなわけぎのぬたでもいい。
  4. わけぎのおいしさはひきたてたい。