Pages

日曜日, 9月 06, 2009

イマイチ叉焼(煮豚)

先日のバーベキューで刺激を受けて、煮豚に挑戦。

豚バラや肩ロースなどがおいしいのだろうけど、やはりここはぐっとこらえてもも肉を使う。

近所のスーパーでは、煮豚用ネットをくれるのでタコ糸で縛る必要はなく手軽にできる。

でも、できたものはイマイチ。

おいしいのだが、やはりイマイチ。

理由はぱさぱさそして味が抜け落ちた感じ。

圧力なべを使って、豚もも肉で作ったのだが、いけなかったのかも。

最初からなんだが、反省点を列挙。

  • 用意した材料にウーロン茶のパックがなかった。でも脂肪分の少ない豚もも肉をつかったので、そう大きな影響をうけたとは思えない。
  • 圧力鍋を利用したために、全体に柔らかく仕上がったが、豚もも肉の場合、繊維質なのでばらけやすくまた、脂肪のうまみが全部出て行ってしまった感じだ。
  • 圧力なべは豚バラや肩ロースの時には威力を発揮しそうな気がする。豚ももではやらないほうがいい。
  • 工程に圧力鍋を何回も使ったが、一発シンプルの方がいいのかもしれない。工程を増やす方がいいと思ったのだが・・・・。

【材料】
豚もも肉 ブロック 300g
煮豚用ネット
下ゆでよう(ねぎ・しょうが・にんにく)
砂糖・しょうゆ・酒

【調理】
  1. 圧力鍋に水カップ2を入れ、ネットに入れた豚もも肉とねぎ・しょうが・にんにくを入れて火を入れる。
  2. 最初強火で十分にしゅっしゅっと圧力鍋らしく働き始めたら火を弱めて約20分。
  3. 火を消して15分ほど冷まして蓋をあけ(十分減圧しているか確認)、砂糖しょうゆ・酒を入れてふたをして10分
  4. 火を消して10分ほど冷まして蓋をあけ(十分減圧しているか確認)、裏返して5分。
  5. 火を消して15分ほど冷まして蓋をあけ(十分減圧しているか確認)、汁気をとばしながらさらに煮込む。

【注意】
圧力鍋の蓋を取る時は、十分減圧しているか確認。
また別の形で挑戦しよう。