Pages

月曜日, 12月 28, 2009

宴のあとで  さしみがのこっている・・・・・

宴(うたげ)のあと、刺身が残っている。

そのまま、残飯で捨てようかあとゴミ袋にお皿を傾けた時・・・、

なんとなくもったいないなあ。


そこで、ラップして冷蔵庫に・・・・・。


翌日、朝から生ものなんてたべたくない。

外出して、夜帰ってきて冷蔵庫を開けてみると、一昼夜をすごした刺身がある。

鮮度も落ちて、昨日とは明らかに色が違っている。食あたりしやすい私は、生で食べても大丈夫かなあ、と心配もする。


味噌汁にするのも手っ取り早くていい。でも、いつもそうじゃなあ・・・・。


そんなときの簡単お助けレシピ。電子レンジを使った簡単レシピだが、魚介のうまみが溶けだして十分おいしい。蒸煮なので、熱をいれると堅くなりがちな種類の魚でも結構おいしくいただける。

もとのレシピは、以前このブログで紹介した、かきと野菜の塩コンブ蒸し

今回は、せいごとまぐろと甘エビの刺身があまっていた。また、2週間ほど前に購入して半分食べて、余り物として冷凍していた牡蠣があったので、この際使ってみた。大根のつまと紫蘇も残しておいたのでそのまま使ってみた。



----余った刺身とと野菜の塩コンブ蒸し----
【材料とレシピ】

  1. 牡蠣は塩水で洗って汚れをおとす。
  2. つま(大根のせん切り)と紫蘇の葉(紫蘇もつまも刺身についていたもの)、にんじん2/3本はピラーで細長いせん切り。ごぼうがあっったので5cmほどピラーでとても細いせん切り。
  3. 細ネギは根元を切り落とし2-3mm幅。(なければ、ネギを適当にみじん切り)
  4. 塩コンブ大さじ1弱。

【調理】 

  • 耐熱皿に、大根、人参、ごぼうを載せてその下に刺身と牡蠣を並べ、お酒大さじを3をふる。
  • しょうが、塩コンブをお皿の周りの底麺に配置してラップをする。
  • 電子レンジ600wで4分。
  • ネギを散らしてできあがり。

【感想】
魚介のうまみと塩コンブのうまみがとけだしておいしい。
また、紫蘇がいい味をだしている!。スープがとてもおいしい。
野菜を上に乗せて、水分をだし、魚介はうまく蒸されるようにするとともにうまみを誘導してみた。
上下逆の関係だとどうなるのだろう?とも思うが、今回はおいしかったので深く追求しない。
野菜から結構水分がでるので、いい感じのスープが残る。これも、スパゲティなどに利用価値がありそうだ。