Pages

日曜日, 11月 09, 2008

クレソン

クレソンが一束50円で売られているので買って帰る。

サラダに入れて食べればいい。味に癖があるが、サラダにちょっとまぜるとそれなりに良い。

ミズガラシとも呼ばれるこの草、ちょっと辛味があるが、そういえば、肉料理の脇に良く添えられているのを見かける。薬味としてつかっているのだろう。
いい考えだと思う。

簡単な使い方を以下に。

  • バルサミコ酢をかけて、サラダにして食べてみる。悪くない。それぞれの味と風味は個性的だが、あまり衝突しないように思える。
  • 胡麻和えにしてみる。すりごまだとゴマの味に完全にクレソンの味が隠れてしまう。好みによってお浸しなどにするのもよさそう。
  • 肉料理に付け合わせとして添える。

もうひとつ意外においしくいただけたレシピを入れておこう。乳製品に合わせるというもの。シチューやグラタン、ドリアなどに最後に入れると意外な風味と味覚を味わえるというものだ。

ここでは、あえて生活習慣を意識して、バターの代わりにオリーブオイル、そして生クリームの代わりに低脂肪加工乳、洋風固形スープの素のかわりにだしの素を使っている。

【じゃがいもとクレソンとシラスのホワイトスープ】

*材料:
  • にんにく 1欠け、
  • しらす 大さじ3、
  • じゃがいも 2、
  • 玉ねぎ中1/2、
  • 低脂肪加工乳、
  • 小麦粉、オリーブオイル、だしの素、薄口しょうゆ、塩・胡椒
*調理
  1. フライパンにオリーブオイルとにんにくのみじん切りを入れて弱火を入れる。
  2. 香りがでたら、じゃがいもと玉ねぎを薄切り、シラスをあわせ強火で炒める。
  3. 透き通ったら、出し汁(水+だしの素)を材料が半分かぶるくらい入れて沸騰。
  4. 薄口醤油を入れて味付け。大さじ1弱を基本にお好みで。
  5. 弱火で数分煮込む。
  6. 加工乳を入れて材料ひたひたに。
  7. 小麦粉をまぶして溶かす。大さじ1を基本にお好みで。
  8. 味見して塩・胡椒加減を確認してしばし沸騰。
  9. クレソンの葉を山盛り入れて仕上げの煮込み。
スープだが、小麦粉の量によってはグラタンのようになり結構おなかにたまる。チーズをかけてもいい。
クレソンの癖のある味が、乳製品に包まれてマイルドになる。それでいて、乳製品を使った料理としてみてみると、ちょっと変わった風味と味を感じるので新鮮だ。

味が1パターンになりがちな乳製品料理に、ちょっと変わった風味を加えたいなら、手軽な方法だ。様々な乳製品料理に試してみても良いと思う。

ちなみに、クレソン 栄養 で検索してみると、栄養面からみても末永くお友達でありたい野菜だ。