Pages

水曜日, 5月 21, 2008

豆腐ハンバーグ スタミナ編

一般的にはダイエットの定番メニューだという。
海の公園でウィンドサーフィンをして知り合った方に教えてもらった。レシピ内容ははっきりおぼえていないが、ネットも調べて見て、以下の内容で作ってみた。

にんにく、たまご、ひき肉、しょうが、たまねぎなど入れてスタミナ系の豆腐ハンバーグにしてみた。
水分が多いので小麦を入れたので、さらに充実。
ちょっとお好み焼きにも近くなりました。
キャベツや人参やピーマンのみじん切り、山芋のすりおろしなども入れてみてもいいのかもしれない。
チーズを入れても良さそう。

しょうゆをたらしてきざみのりをふきかけてもいけそう。

かなり満腹感も得られる豆腐ハンバーグです。

【材料】
鶏肉150g 木綿豆腐大3/4丁 たまねぎ半分みじん切り 卵1 小麦大匙2-3 しめじ
にんにく・しょうが一欠けすりおろし   塩・こしょう少々

【調理】
木綿豆腐はいくつかに切って電子レンジで二分。
すべての材料を入れて、手でもむ。
団子をつくるが水気が多ければ小麦を足す。
フライパンで両面ちょっと焦げ目がつくように焼く。
水を入れて蓋をして蒸し焼き

【反省】
木綿豆腐を電子レンジで水気を飛ばしてからほぐそうとするとあつくてできません。
木綿豆腐をほぐしてから電子レンジで2-30秒程度水飛ばしするほうがいいかも?

豆腐の量を多くすると、水気の多さが調理の障害になる。
水分が多いと団子ができない。
小麦を入れればつなぎになる。
ちょっと炭水化物も入るので満足感も出る。 入れすぎるとダイエットの目的から外れる。
小麦ではなくパン粉という選択が一般的のようだ。

だが、豆腐の量を多くしておくと、こんな満腹感が豆腐分少ないカロリーで得られるのは間違いだろう。また、通常の豆腐料理にちょっと飽きていた時期なら、いつもと違う味で楽しめる。

生活習慣改善の食品としては期待感のある食べ物だ。

キャベツや人参やピーマンのみじん切り、山芋やりんごのすりおろし、ねり梅、しらす、ひじきなども入れてみてもいいのかもしれない。

チーズを入れても良さそう。

しょうゆをたらしてきざみのりをふきかけてもいけそう。

油はもちろん、オリーブオイル。

古くなった刺身を細かく刻んでひき肉の代わりに使ってもいいのだろう。


なにかと重宝な料理だ。




【試してみたいレシピ:スタミナ&ボリューム編】
木綿豆腐(大一丁)、ひき肉150g、にんにく・しょうが一欠けすりおろし、たまねぎ1/2・キャベツ1葉・ニンジン1/4・ピーマン1個のみじん切り、卵1個、シメジ、塩・こしょう・しょうゆ 小麦またはパン粉 山芋3cmすりおろし

木綿豆腐をほぐしてから電子レンジで2-30秒程度水飛ばして冷ます。
すべての材料を合わせて煉る。
水気が多ければ、小麦またはパン粉を加える。
フライパンで両面ちょっと焦げ目がつくように焼く。水を入れて蓋をして蒸し焼き

ウスターソース・デミグラスソース・ケチャップ・しょうゆなどなんでもよさそう。
刻みのり、ねり梅、おろし醤油なども活躍しそうだ。

【試してみたいレシピ:さらっと編】
絹ごし豆腐、ひき肉、パン粉・小麦粉・片栗粉、塩・こしょう

絹ごし豆腐を電子レンジで1-2分加熱消毒して、すり鉢ですり下ろす。
すべての材料を合わせて煉る。
水気が多ければ、小麦またはパン粉を加える。
フライパンで両面ほんのちょっと焦げ目がつくように焼く。
水を入れて蓋をして蒸し焼き

道具の消毒、材料の加熱消毒を徹底すれば、離乳食にもいいかも?。