Pages

火曜日, 6月 05, 2007

梅酒

今年も梅が店頭に出回る季節となった。例年とおり梅酒と梅干をつくろうと思う。
今出回っている梅は、熟す前の青梅。梅酒に適するといわれている。

果実酒もいろいろつくってみたが、やはり梅酒。なんといっても香りがいい!!。
今年は、焼酎でつくるものとブランデーで作るものの2種類を作ってみた。


【材料】
青梅1kg  大きい粒が良いそうです。ヘタをとって水につけ、6-8時間アク抜き。
氷砂糖100-400g 甘さはお好み。
焼酎またはブランデー 35度以上 1.8l

【作り方】
1.梅のヘタをつまようじとり、水につけて6-8時間アク抜きする。
2.消毒したビンに梅と氷砂糖を入れる。積み重ねると良い。
3.焼酎またはブランデーを入れる。
4.3ヶ月で梅を引き上げると飲み頃


【その他】
果実酒一般にそうですが、実は一定期間後取り除いたほうがおいしい。
おそらく余計なものまでとけこんでいくからだろう。

ビンには仕込み年月日を記載しておかないと意外にわすれてしまいがち。

焼酎には例年、宝焼酎の純を使用していますが、今年はコスト重視で、ホワイトリカーを使用。梅酒のこの時期は、酒屋さんで結構安い。

また、ブランデーはVOクラスを使うが、キングブランデーの蘭が圧倒的に安い。


【】