Pages

日曜日, 5月 11, 2008

肉じゃが

家庭料理の定番。

シンプルで誰にでもできるわりに、かなりおいしい。

キーは素材と煮方。



【材料】

牛肉薄切り(できるだけ上質のものが良い)

じゃがいも 乱切り

たまねぎ 千切り

にんじん 乱切り

いんげん 端をとって4-5cmに切る



【料理】

じゃがいも、にんじんの乱切りと玉ねぎの乱切りを鍋で炒める。

全体に油と熱がまわったくらいで、材料がかぶるくらいに水をいれる。

落としブタをしてしばらく煮る。

酒(大1)、みりん(大1)、薄口しょうゆ(大2)、砂糖(大2)を入れる。

いんげんと牛肉を入れ、落としブタをして煮る。

材料が柔らかくなったのを確認して火を落として30-60分冷ます。

再度火を入れて数分煮る。





【ポイント】

水ではなくだし汁をつかうほうが私は好きだ。



素材の良さが味の決め手。



高価な牛肉のほうがおいしいと思う。特にに肉はその質と料理方法を良く見極めること。煮込めば硬くなるものもあるし、最初にいためて油を出すほうがおいしいという人もいる。(すき焼きの感覚に近いのかも。関西は先に肉をいためるが、関東はだし汁で野菜を煮た後で肉を入れる。)



豚肉を使ってるのもあるので、今度挑戦したい。ちょっとヘルシーそう?



煮込み料理に共通しているが、温めて冷やすという工程を踏むと材料に汁がよく染みる。