Pages

木曜日, 4月 10, 2008

ダイエットの強い味方 サラダ

サラダ豆の水煮が105円で売られていたので買って帰る。

サラダに散らして食べるとこれが結構ボリュームがある。3回分位にわけて食べても、1回分で結構満腹になる。

レタスに、キャベツの千切り、いつもつけてるぬか漬けの人参ときゅうりを薄くスライスして上からまぶす。そしてサラダ豆の水煮を上からまぶす。
できれば、動物性たんぱく質もあったほうがいい。シラスや鰹節などもいいだろう。ツナ缶を入れるととてもおいしいが、ちょっとカロリーが高いので油を十分に切る必要がある(私は押しつけて油を搾りおとす)。

サラダだけで立派におなかいっぱいになる。サラダには工夫の余地がいっぱいある。もみのりをまぶす、ごまをふる、とうがらしをいれるなど飽きないように味付けにもバリエーションをつけると楽しみも増す。お酢は穀物酢で十分だと思うが、健康志向なら黒酢もよい。でも油はいいものを使おう。私はオリーブオイルをこのんでつかうが、植物性の油を使う。じゃがいもがあればレンジでチンしてさらだに合わせればさらに満腹感を期待できるが、このへんからは炭水化物の心配も必要だ。


痩せるためには、食べないことがもっとも効果的だ。でも、それでは、元気も出ないし体に悪い。
空腹でいると何事をやるにもやる気がでないし、いらいらする。そこで出てくるのが、サラダで満足しようとする試みだ。でも、葉っぱだけでは、空腹のたしにならない。食事の幸福感もない。

だから、サラダにはなにかボリュームのあるものを合わせるほうが良い。

ポテトサラダ、マカロニサラダを葉物にあわせると食べやすくなるし、満腹感もある。でも作るのが面倒なので、惣菜屋で買ってくるのもひとつの手だが、おいしいものにはそれなりにダイエットの敵が入っているものだ。

できるだけシンプルなものを自分の手であわせてみると、体を少しでもいたわりことができる。