Pages

土曜日, 2月 05, 2011

感染性の皮膚のトラブル を知って 予防と対策を!

中高年になると感染性の皮膚の病気にかかりやすい。耐えられないようなかゆみが特徴だ。

以下テレビのメモ。


乾燥肌(皮脂欠乏性湿疹)、水虫、ダニが原因。これらは感染症といえる。


検査は、顕微鏡で観察したり、カビの場合は培養してみたりするという。



まず乾燥肌(皮脂欠乏性湿疹)。


表面の皮脂がとぶと中の角質層から水分が蒸発し、かゆくてかくと皮膚の中が延焼を起こす。
保湿剤が有効。あっためると表皮にのばしやすい。
入浴であまりごしごしこするのはNG。入浴後の保湿剤も良い。
保湿剤に関連する商品をamazonで検索
スキンケア1ヶ月トライアル♪肌は育つと必ず美しくなる!
クレレスキンケアシリーズ
★ノエビア通販専用★敏感肌コスメ『シンプス レッスンプログラム』誕生
「かゆい 肌」に関連する商品をamazonで検索





続いて寄生虫によるかゆみ  疥癬(かいせん)

疥癬。寄生虫 ヒゼンダニによってかゆくなる。皮膚を食い破り、角質層に入る。トンネルを作って1日2-3個卵を産む。フンもする。これらによって炎症がすすむ。症状は、強いかゆみ、線状に皮がむける。(疥癬トンネル)赤い丘疹、しこり(結節・・・とくに男の陰部にできやすい)など。多少体温より低いところなどに生活しやすいらしい。

長時間の直接接触、肌に触れるものの共有により感染する。

治療は、殺ダニ剤。1週間あっけて2回服用 妊娠中の方授乳している方、小さな子供はのまないほうがいい。また、かゆみ止めも使用する。抗アレルギー剤抗ヒスタミン剤。市販の薬にはステロイドが含まれており、ステロイドは皮膚の表面の免疫作用を抑えるので、疥癬がわるくなってしまう。

「疥癬(かいせん)」に関する商品をamazonで探す




そして、ウィルスによる皮膚の病気によるかゆみがある。





痛みができて5日すると赤いぶつぶつができて、水膨れのように膨らんで帯状につながる。

原因は水疱瘡ウィルス。水疱瘡にかかると、神経節に水疱瘡のウィルスが生涯ひそんでいる。免疫がおちるとウィルスが活発になる。ウィルスが皮膚に到達すると増殖し、皮膚が破壊されて水膨れになり、炎症をおこす。神経にひそんでいるので非常にいたい。5-6人に一人は発症するという。
細胞性免疫などのリンパ球で抑えられている。旅行などのストレスをうけると10日目になったりする。

対策としては、ウィルスの増殖を抑えること。かゆみと痛みを伴うので以下のような薬を併用。

  • ウィルスの増殖・・・抗ウィルス薬
  • 皮膚の炎症・・抗炎症薬、ステロイド薬
  • 痛み・・・鎮痛薬、ステロイド焼薬、抗鬱剤、抗痙攣薬、神経ブロック


2-3週間すると治るが、高齢化により免疫がこわれると長引くこととなる。

症状として以下の経緯をみたら、帯状疱疹を疑い、病院へ。
  • 左右どちらか一か所の痛み+違和感
  • →痛みが強まる
  • →4-5日続く痛み
  • →赤い発疹



水疱瘡のワクチンを打つことによって、予防可能。保険は適用できないが、治療は可能。


水虫
白癬菌というカビ。冬は角質層の中に潜んでいる。水虫が増える条件は温度18度以上、湿度80%以上となる。靴を長くはくと、白癬菌が繁殖しやすい。

症状としては以下のように病状が進行していく。

  1. 趾間型(4番目の指がかさかさしたり白くふやけたり)
  2. 小水疱型(土踏まずなど柔らかいところに小さな水泡ができる)
  3. 角質増殖型(足の裏全体がかさかさする。かかとがきれる)
  4. 爪白癬(爪の下に白癬菌が入る。爪があつくなり痛みが)と進行していく。

治療は度合いにより異なる。

  1. 足の場合・・・抗真菌薬の塗り薬
  2. 爪の場合・・・抗真菌薬の服用連続投与法、パルス療法
  3. 副作用は、胃や腸の不調、体のだるさなど。飲み合わせの悪い薬があるので注意。医師の指導に基づいて治療を行う。


水虫の予防としては特に足のケアが大事。

  • タオル、サンダルなど共用しない。
  • 靴は2-3時間でむぐ。
  • 足に合った靴を。(靴と足がずれて傷ができて菌が入る)


靴を選ぶ時、靴のケアの注意点

  • 蒸れにくく、爪に負担をかけにくい。こすれて傷をつけないように。
  • 靴底がやや集めで柔らかい素材
  • つまさきに余裕があって圧迫しない
  • アキレスけんを圧迫しないもの
  • 緩めの靴を選んで中敷きを利用すると良い。
  • 毎日連続ではかない。
  • 日光でかわかす。室内では靴を脱ぎ、スリッパやサンダルにかえる。

以下に水虫に関するリンクを掲載しておこう

「水虫」に関する商品をamazonで探す

「水虫 治療」 でGoogleで検索

「水虫 薬」 でGoogleで検索