Pages

日曜日, 3月 22, 2009

スパゲテイ ペスカトーレ

一番好きなスパゲティは?ともし問われれば、ペスカトーレ。

具材の豊かさが、なんとなくリッチな感じだ。

たぶんその具材のそれぞれのうまみが、味わい深さにつながっているのだと思う。

そして、ワインによく合う。


あさりを使って今回挑戦してみた。やけに大きなあさりが低価格で手に入ったからだ。本当はムール貝なのだけど、あさりだって悪くない。トマトスープでじっくり煮込めば全く別の食材だ。

食材がそこそこそろえば、意外に手軽な料理だ。
今回は以下で試してみた。煮込む過程があることに要注意。スパゲティをあまり早めにゆですぎないように気をつけるべし。

【材料】2人前
  1. あさり 10個 塩水につけて砂出しをして、水洗い
  2. するめいか 1/2ハイ 皮をむいて一口大に切る。
  3. シバエビ 8 皮をむいて尻尾をとる。
  4. スパゲティ140-200g
  5. ホールトマト 1缶
  6. 白ワイン
  7. 塩コショウ
  8. オリーブオイル
  9. にんにく 1/2かけ つぶす
  10. 鷹の爪 1/2 種を抜く
  11. 粉チーズ(好みで)

【調理】
  1. オリーブオイルでつぶしたにんにくと種を抜いた鷹の爪をじっくり弱火でいためて、にんにくと鷹の爪を取り去る。焦がさないようにして香りをつける。
  2. あさりとワインを入れて蓋をして蒸し煮にする。
  3. あさりが開いたら、火を止めてふたをとって、しばらく水を飛ばす。
  4. ホールトマトを手でつぶしいれて、強火で沸騰したら弱火で煮詰める。
  5. 缶内にトマトが残るのでワインを入れて鍋に投入すると材料を無駄にしないですむ。
  6. ホールトマトが2/3くらいに煮詰まったら、いかとエビを入れる。
  7. いかとエビに火がとおったら、茹でたスパゲティを入れて、オリーブオイルを入れてあえる。
  8. 皿に盛る。

【コメント】
粉チーズをかけるとおいしいと思うけど、お好みで。バジルなどを入れるのも手だ。
イカ、えびは火を通しすぎると硬くなるので、注意。
スパゲティはちょっと固め。細い方がいいと思う。

この料理では、ソースを煮込む工程があるので、スパゲテイを早めから茹でると、ゆですぎ状態になってしまう。このような場合、適切なゆで時間でスパゲティは引き揚げ、オリーブオイルを絡めておく。そうするとくっつかなし、麺のしゃきしゃき感も失われにくい。今回はそうした麺をフライパンで炒めて、ソースとあえて炒めた。


今回はそのような失敗もあったが、結構おいしい。うまみがよくでている。あさりと白ワインのうまみというのが結構聞いているように思われる。トマトソースを煮込むというのも大事なのだろう。

今後もよく研究していきたい。

こんにゃくの田楽

ちょっとした一品が食卓に加わるだけで、満足感はかなり違う。

簡単にできて、ヘルシー。覚えておくと重宝だ。


【材料】
  • こんにゃく
  • 味噌(大さじ1.5)、しょうゆ(小さじ2)、砂糖(おおさじ1)を和える
  • すりごまやねぎなどの薬味

【調理】
  1. こんにゃくをさいの目切りに切る。
  2. 数分ゆでてアクを抜き、お湯を切る。
  3. 味噌・しょうゆ・砂糖を和えた調味料に入れて和える。
  4. お皿に盛って、すりごまやねぎなどを載せる。


【思うに】
簡単でいい。こんにゃくは大きすぎるよりは、小さい方が味が絡みやすい。正直言って、止まらぬおいしさだ。これで、おなかいっぱいになれば、ローカロリーなのでしめたもの。
今回作ったたれは正直ちょっと濃い感じ。ま、好みもあるが、塩分とりすぎもよくないので、要注意。

たれは、酢味噌にしたりいろいろバリエーションがあると思う。

トウガラシを入れてピリ辛にすることも考えられる。