Pages

月曜日, 2月 02, 2009

甘エビ

市場に行くと様々な食料品を結構な量で売っている。

100gあたりの単価に直すと結構安くてこんなにおいしい!と感動するが、いざ、食事に使ってみると結構ボリュームがある。

もちろん、時々贅沢するのは健康に良いと思うのだが、食いすぎは生活習慣病の敵だ。

だから、どう防衛するか考える必要がある。


甘エビを購入した。
結構な量だ。

かえって早速刺身で食べる。

頭とからをとって、お皿になれべてわさび醤油で食べる。

おいしい。!!!


でも、ふとみると、頭とからが山盛りになっている。なんとなくもったいないなあと思って、から揚げにしてみた。

これがまたよい。

以下レシピ。
塩分控えめを旨としているので、いきなり揚げているが、下味をつけるといいのかもしれない。


【レシピ】
ビニール袋に小麦粉大さじ2と片栗粉大さじ1を入れて、えびの頭と皮を入れてもむ。
鍋に油を多めに入れて火を入れる。
鍋を斜めにして油が深くなるような工夫をしても良い。
エビの頭と皮を揚げる。
ペーパータオルで油を取って、塩を適当に振って食す。



【感想】
うまい。
ビールのおつまみにも良い。
子供のおやつにも最適だろう。

エビ 殻 栄養   で引いてみると様々な良さを見ることができる。
 
甲殻類の殻にはグルコサミンなど、関節に良い成分が多い。
エビのひげなど固い部分や鋭利な部分に気をつけるべし。上手に揚げると香ばしいが、下手な料理では凶器だ。

キトサンという成分が体に良いようだ。語り尽くせぬくらい良いようだ。