Pages

水曜日, 1月 21, 2009

正しいダイエットに対する衝撃的な報道

今日は、ためしてガテンというテレビで、ダイエットに対して、革命的な意識を変革を迫る内容の報道をしていた。以下その概要だ。


ダイエットを効果的に行うためには、ダイエットに適した体質にしておく必要がある。適した体質だと代謝が進むが、体質が悪くなるとダイエットどころか太ったり体脂肪をちくせきしたりすることとなる。

その体質を、状況に応じて脳が変えているというのだ。

そしてその体への脳の指令のきっかけは、「飢餓」を脳が意識して「備え」始めようとするかどうかということだそうだ。

下手なダイエットを行うと、脳は飢餓に入ったのではないかと勘違いして、体にかえって様々な栄養分を蓄積するように指示し始める。これにより、体温を維持する機能低下し、体を目覚めさせる機能も衰え、だるさ・低血圧がおこる。交感神経の活動を抑えて、代謝を抑制する。これにより、体脂肪が増えたりするし、しまいには筋肉や内臓を分解してまで糖分を要求するそうだ。

だから、飢餓を意識しないように、脳に適切な栄養分を与えながら、ダイエットを行えば、代謝の良い状態でダイエットができる。そして、脳の栄養は「糖分」だから、ダイエット中にも適切に糖分を摂取するのが、きれいにやせる早道だということだ。

実際の食事では、一日1500Kcalくらいでもダイエット可能だ。その時に意識するのは食事の栄養素のバランス。理想的な食事では、「糖質:脂質:タンパク質」の比率が、57:23:20で、野菜を一緒に豊富に食べている。ご飯などで糖質をとり、野菜などの繊維質や消化しにくいものも含まれるので、血糖値の上昇がある程度に抑えられて、また、ゆっくり下がる。

そして、だめな人の比率は56:29:15、それも、糖質を砂糖などの吸収の早い食材で摂取するので、血糖値があがりやすく下がりやすい。

番組では、食事の中の糖質の差によって、その後の作業に大きな効率の差が出る実験も報じていた。糖質が、脳の養分となって、その結果集中力の差異がでるのだという説得力のある実験だった。

脂質もとらなければ、肌がかさかさになる。

うーん。考えさせられる。
1500Kcalというのは、そう貧相な食事ではない。
ノーカロリーの野菜を、多く添えれば、見た目も良い。

実は脳と糖分がその効果に大きな役割を果たしているとは知らなかった。

このブログで、扱う料理や生活習慣は、この報道の内容に即している。
美しくダイエットするために、切磋琢磨がんばっていこう。