Pages

木曜日, 4月 17, 2008

いかの塩辛

刺身用のイカをかってきたのだが、塩辛にしてみた。

手順を以下に記す。

  1. イカの胴体から足を引き抜く感じで切り離す。(胴と足をつないでいるか所に包丁をいれておくと放し易い)引き抜くとワタがきれいに抜ける
  2. エンペラ(以下の頭の三角部分)と胴の間に親指を入れ、上からめくるように切り離す。このとき皮も一緒にを胴の下部に向ってはがすのがコツ。もっとも胴の皮がめくりやすい。 胴の皮はこのとき全部めくる。
  3. イカの胴に包丁を入れて開く。プラスティックの部分をとる。そして細切りに。
  4. 足の部分とワタの部分を引き抜いて切り離す。ワタが崩れないように丁寧に。 ワタはちょっと塩を振って水気をとばす。
  5. 足の付け根の中のクチバシをとる。また、軟骨をとる。 目の周りに墨があるのでそれも袋ごととる。 足をはいくつかに切る。
  6. 細切りにした足と胴はキッチンペーパーなどで水切りをする(ちょっと日陰干しにするとよいらしい)
  7. ワタをまぜて、足と胴を入れ、塩を好みで入れる。(ワタには皮があるが、箸でかき混ぜると箸にこびりついてとれる。)
  8. 毎日かきまぜる。 数日で食べごろ

というものだ。 できあがりが、楽しみ。